2011-12年度 組織

会長挨拶藤原会長

第39期 会長 藤原 勇

先の東日本大震災からの復興が我が国では最大の事業となっています昨今ですが、私達ライオンズクラブの継続事業でありますアイバンク運動や他の福祉関係への奉仕など、この先我が国の経済と共にどの様な環境におかれてしまうのかとても危惧してしまいます。その様なことからライオンズメンバーには今後いろんな展開があることでしょうが、それに即した対応など私達は今まで以上の情熱で奉仕してゆかねばなりません。メンバー諸兄のご理解をおねがい申し上げます。

前期末にクラブ第39期目のクラブメンバー組織のご承認を例会で受けまして新会長としてのスタートをいたしました。又、7月の第2例会にて、財政検討委員会の提言を参考にした今期クラブ予算のご承認を戴きました。ありがとうございました。

今までの心重い準備期間のことを思えば内心安堵したと言うことが正直なことです。しかし、これからが五役であります多士済々なる幹事、会計、テーマ、テールツイスター各位の知恵と力量を受けながらの例会や事業を押し進めて行かなければと思っております。

ライオンズクラブの良いことのひとつに単年度制があります。一期の目標をクラブ全体で達成に向かうことです。私の最大のおねがいは5名のメンバー増強です。その為にはいろいろな手法がありますが会員拡大を八木委員長と共にぜひおねがい申し上げます。そして、アイバンク委員会の各事業や献血緊急災害対応委員会の活動も重点事業です。会員交流広報委員会は年間を通しての催し事がありますが各委員会の展開や成果などをメンバー皆で話し合う場の設定や又その内容を内部、外部への報告をタイムリーにおねがいします。それぞれにつきましてもメンバー諸兄にはとてもお骨折りな事と思いますが、皆様常日頃御健康であられる様。又仕事もご家庭もご繁栄であることを祈っております。

2011年8月

 

 

コメントは停止中です。